【就職活動】電話の受けかた・掛けかた

2021.09.24

【就職活動】電話の受けかた・掛けかた

NEXTJAPANは 留学生の 就職活動を 助けています!
今回は 電話の受けかた・掛けかた について 説明します。

電話の受けかた・掛けかた

就職活動を していると、相手企業の 人事の 担当者から 電話が かかってくることが あります。電話で 難しいことを 聞かれることは あまり ありませんが、電話の 受け答えも ビジネスルールに 従って 行わなければなりません。今回は その注意点を 解説します。

電話の受けかた

基本的には 自分から 掛けることより 相手から 掛けてくることの方が 多いと 思います。就職活動中は、知らない番号から 電話がかかって来た場合には 自分が エントリーした 企業だと考えて 電話に出ましょう。電話に 出るときは

  • 出来るだけ 静かな場所に 移動しながら出る。
  • 話した内容の メモを 取れるようにする。

二点 を 意識しましょう。
電話に出たら まず自分から「はい、〇〇です。」と名乗ります。「もしもし」と言うのは ビジネスの場では 適さないので 注意しましょう。電車内に いるときや、静かな場所に 移動するのが 難しいときは こちらから 掛けなおすことを 伝えましょう。「10分後に こちらから 掛けなおします。」といった様に 時間も 指定すると 丁寧です。内容は 基本的に 面接の 案内などが 多いので、日時・持ち物・場所を間違えないように 聞きましょう。

電話の掛けかた

受けた電話に 出られなかったとき、または 面接に 遅刻するなどの 急ぎの連絡は 電話で 行います。急ぎでないときは 13時から18時の間に 掛けるように しましょう。大抵の企業は 12時から13時が 昼休みで 18時が 退社時刻だからです。電話を 掛けるときにも

  • 周りが 静かな場所から 掛ける。
  • 話した内容の メモを取る。

 点を 意識しましょう。
電話を掛けると まず会社側が 名乗りますので、それを受けてから こちらも「〇〇学校の〇〇です。」と名乗り、続けて「人事部の〇〇様は いらっしゃいますか?」と言って 人事の人に 代わって 貰いましょう。これは、電話を 掛けるときは 受けるときと 違って 人事の 担当者に 直接繋がるとは 限らないからです。名前が わからないときは「人事のご担当者」と言いましょう。


担当者が 電話口に 出たら もう一度「〇〇学校の〇〇です。」と名乗ってから 要件に 入りましょう。担当者が 取り込み中などで 電話に出られなかった場合は 後で掛けなおすことを 伝えて 電話を切りましょう。

電話での やり取りでは いつも以上に 聞きやすく 話すことを 意識しましょう。
今回は ここまでです。次回を 楽しみに していてくださいね!