【就職活動】在留資格・就労ビザについて

2021.05.14

【就職活動】在留資格・就労ビザについて

NEXT JAPANは 留学生の 就職活動を 助けています!
今回は 在留資格(STATUS)について 説明します。

在留資格とは

在留資格とは 留学生の みなさんが 日本で 行える 活動の 種類と 期間を 表したものです。就労ビザと 呼ばれることも あり すが、ビザとは 別のものなので 注意してください。ビザは 入国する ために、在留資格は 日本に 留まる ために 必要な ものです。

在留資格は 在留カードに 書かれています。いつも 持ち歩いて いますよね?留学生の みなさんの場合、そこには 留学と 書かれていると 思いますが、これを技術・人文知識・国際業務や 教育などの 就職できる 在留資格に 変える必要が ありま 

せっかく 日本で 就職活動を しても、仕事に 必要な 在留資格が もらえないと 働けませんので、しっかり 理解しましょ 

 

専攻と在留資格

専攻とは あなたが 大学や 専門学校で 勉強したものの ことです。特定技能以外の 仕事を する場合、専攻と 関係のある 仕事でないと 在留資格が もらえません。例えば 大学で 経営を 勉強していた 場合、英語の 先生の 仕事を する 在留資格は もらえません。就職活動を するときは、企業の 仕事が 自分の 専攻と 合っているか よく 確認しましょう!また、専攻と 関係のある 仕事で あっても、内容が 単純作業で あった 場合は 在留資格が もらえません。例えば 経営を 専攻していた ひとは ホテルの 経営の 仕事で 働くことは できますが、部屋の 掃除で 働くことは できません。

 

▼特定技能とは

2019年から 始まった 新しい 制度の 在留資格です。農業や ホテルなどの 14種類の 仕事は、特定技能試験と 日本語能力検定に 合格することが できれば 専攻と 関係していなくても 働けるように なりました。 コンビニなどは まだ ありませんが、追加されるかも知れないと 言われています。学歴も 不要なので、考えてみては どうでしょ 
http://www.moj.go.jp/isa/policies/ssw/nyuukokukanri01_00135.html

インターンシップと在留資格

日本で 就職活動を する人は インターンシップに 参加する ことがあると 思います。留学の 在留資格を 持っている場合、アルバイトを するときと 同じく インターンシップで 働くときも 資格外活動許可が 必要になります。夏休みや 冬休み中は 1日に 8時間以下なら 週に合計40時間まで 働くことが できます。しかし 2つ以上の アルバイトや インターンシップを する場合は、それらの 合計労働時間が 40時間を 超えないように 注意しましょ 
例えば この図のように 平日には インターンシップに 40時間参加し、週末には アルバイトを 9時間だけ やっている場合、合計の 労働時間が49時間に なってしまので 労働基準法に 違反して しまいます。これは日本人も 同じです。体を 壊して しまいますから 

在留資格の変更申請

在留資格を 変える 手続きは 卒業する年の 12月に 行いましょう。30日以上 かかると 言われています。内定を もらった 企業からも いくつか 書類が 必要に なるため、企業の 人と 相談しながら 準備しましょう!書類が 間違っていたりすると 入社までに 間に合わないため、入国管理局に 行く前に 何度も 確認しましょう。また、過去に 留学の 在留資格で 週に 28時間以上 働いていたり、ルール違反を していると 許可が もらえなく なりますので、就職活動を 始める前からも 在留資格と 入国管理局の ルールには 絶対に 気を付けましょ